親子で楽しむ夏休み:「火タラ」「木タラ」でお買い物

バンコクに住む日本人奥様御用達の「火タラ」・「木タラ」。ガイドブックには掲載がないにもかかわらず、駐在家族の中では不動の人気のスポットです。「火」「木」とは曜日のこと、「タラ」とは「タラ―ト」(タイ語で「市場」の意味)。シーナカリン大学構内で毎週火曜・木曜限定で開催される市場のことです。長期休みになると、多くの子供達も、このタラートでお買い物を楽しみます。今回は、大人も子供も大好きな「火タラ」「木タラ」について少しご紹介したいと思います。

 

<基本情報>

場所:Srinakharinwirot University, Sukhumvit Soi 23,Sukhumvit Rd., Wattana, Bangkok 10110

 

地図:

営業時間:毎週火曜日・木曜日 7:00-14:00頃

 

【お手頃価格の子供服やオモチャが充実】

大学の構内ということもあり、ゴミも落ちてなく衛生的にも安心できる綺麗なタラートです。観光地での買い物のように値段をふっかけられることもなく、まとめて買うと値引きしてくれるお店もあります。B級品も多いですが、どれもデパートで買うよりも安く購入できるのが魅力です。

たまに掘り出し物の可愛いのが見つかる子供服。お店の人に年齢と身長を伝えると、ちょうど良いサイズを探してくれます。

 

 

子供サイズのパジャマも売っています。

 

 

女の子に人気のキラキラ靴。赤ちゃんサイズ~大人サイズまであります。

 

「sembo block」(1個90バーツ)は、男女問わず人気のオモチャです。4個まとめて購入すると350バーツ。

 

子供のプール用品の定番「ラップタオル」も売っています。

 

【タラートでのお買い物体験が「お金の教育」に役立つかも?!】

我が子達もこのタラートが大好きで、長期休みのたびに、財布を握りしめショッピングを楽しみます。子供達は日頃お手伝いなどで貯めたお小遣いを使い、おのおの好きなものを買います。「自分で買い物をする」という経験値が、おそらく日本の小学生よりも低いであろう我が子達。おつりを財布に戻さず、いつまでも握りしめた挙句、うっかり落としてしまうなどハプニングも発生しますが、そんな失敗も経験の内。買い物を通じて、足し算・引き算の暗算をしたり、お店の人に値段をタイ語や英語で聞いたりと、多くのことを学んでいます。「火タラ」「木タラ」には、シールや文房具類など子供が欲しがるものも色々と売っています。我が家では子供達が、このタラートで欲しいものを買うため、以前よりもお手伝い意欲が向上するという嬉しい相乗効果もありました(笑)

 

この夏休み、「火タラ」「木タラ」に行き、親子でショッピングを楽しんでみてはいかがでしょうか?晴れている日は本当に暑いので、こまめな水分補給を忘れずに。フルーツを使った美味しいスムージーやジュースも売っているのでお試しくださいね。それでは、よい夏休みを。

 

執筆者:仁美
2016年12月にインドからバンコクにスライド駐在。バンコク在住2年目。
この春から小学校3年生と1年生になる娘がいる。趣味は子育てとアンチエイジング。バンコクでは、前職のマーケティング・広報の経験を活かし、タイ北部の少数山岳民族を支援する非営利団体でボランティア中。