親子でタイの文化を学ぼう!:SIAM NIRAMIT(サイアムニラミット)

「どうして、スープを袋に入れるの?」「どうして、映画が始まる前は王様の写真が出てくるの?」と、疑問に思ったことをすぐ口に出す我が子達。絶え間なく湧いてくる質問に、親は即答できず、グーグル先生に頼りっぱなしの我が家です。いちいち調べるのは正直、面倒ではありますが(笑)、タイで生活することで、日本との文化の違いや新たな発見ができるのは、親子にとって貴重な経験ですよね。そんなタイ在住経験をより濃くするために、親子でタイの歴史や文化に触れてみるのはいかがでしょうか?今回は、タイの歴史や文化がギュッと学べる豪華絢爛ショー「サイアムニラミット」について、ご紹介したいと思います。

 

サイアムニラミット(公式HPより)

<基本情報>

住所:Siam Niramit Theatre, 19 Thiam Ruam Mit Rd, Khwaeng Huai Khwang, Khet Huai Khwang, กรุงเทพมหานคร 10310

地図:

BTSのThailand cultural center駅から車で5分(無料の送迎サービスあり)

 

営業時間:毎日営業

17:00- オープン

19:00-19:30 劇場前広場でのエンターテイメントショー

19:30 シアター開場

20:00-21:20 ショータイム(休憩なし)

 

料金(公式HP価格)

:1500バーツ~

※ディナービュッフェ付きチケットは、大人1,850バーツ~/ 子供1,710バーツ~

各旅行会社で発行しているチケットは1000バーツ~とお得です

 

おすすめポイントその1:豪華絢爛・壮大なショー

舞台の高さがギネスブックに認定されているサイアムニラミットは、世界最大級のショーといわれています。舞台の大きさに加え、舞台装置や演出がともかく豪華。100人以上の出演者が500着以上の衣装で登場し、本物の象も舞台に上がります。また、芸術性の高い舞台美術や川が突如現れる演出など見所満載です。ショーの中では、タイの歴史や文化が色鮮やかに紹介されます。大きなスクリーンで英語や日本語の字幕が映し出されるため、タイ語が分からなくてもショーの内容を理解できるのが嬉しいです。いつもは騒がしい我が子達も、この煌びやかな世界に目が釘付けになり、大人しく鑑賞できました。

 

おすすめポイントその2:ショー開始時間前にタイの文化を体験

サイアムニラミットでは、17:00にオープン後~劇場開場までの時間、親子で楽しめるアクティビティが用意されています。劇場前広場では、象乗りやエサやりの体験、日本の縁日で見かけるような的あてゲームなどができます※。また、広場の奥では、伝統的なタイの村を再現した庭があり、散策も楽しめます。村を回りながら、タイの各地方の伝統工芸や生活様式について学び、小舟に乗ることもできます。19:00からは劇場前広場で、ムエタイやタイ民族舞踊のショーが行われ、ショー後半には来場者も一緒に参加し盛り上がります。食事は、ディナー付きチケットを購入すると、劇場隣のレストラン(17:00-20:00)で、タイ料理を中心としたビュッフェが楽しめます。

※有料

 

サイアムニラミットでは、絵巻物のような華やかなショーに加え、タイの歴史や文化をコンパクトに体験することができます。近場にあり比較的コスパが良く、満足度も高いです。日本からバンコクに遊びに来てくれたお客さんのアテンドなどにもおススメですよ。まだの方は、ぜひ行ってみてくださいね。

 

執筆者:仁美
2016年12月にインドからバンコクにスライド駐在。バンコク在住2年目。
この春から小学校3年生と1年生になる娘がいる。趣味は子育てとアンチエイジング。バンコクでは、前職のマーケティング・広報の経験を活かし、タイ北部の少数山岳民族を支援する非営利団体でボランティア中。